•  

     

     

  • 障害者と社会をつなぐシンポジウム

    障害者の就労と自立を支援する社会づくりのために

    「ユニバーサルデザインを確かなものに」

    12月9日(金)13:30〜17:30(参加無料)

    会場:梅田スカイビルタワーウエスト22F 会議室or オンライン参加

    主催:障害者週間協賛行事 実行委員会

     

    「リアル参加」と「オンライン参加」どちらでもご参加いただけます。

    ・ご来場される方は、マスク着用・手指の消毒など感染対策をお願いします

    ・会場入り口で検温をし、体温が37.5℃以上のお客様のご参加はお断りする場合がございますのであらかじめご了承ください

    ・オンラインでご受講の方には、お申し込み時に記入されたメールアドレス宛にミーティングID、パスワードなどをお知らせします

    基調講演

    橋口亜希子 

    「発達障害を手がかりとしてユニバーサルデザインを考える」

     

    発達障害のある子の親として理解啓発活動歴21年。活動を会社員と兼務で行っていたが活動に注力するためキヤノン(株)を退職。現在は、自身の子育てで日々苦悩し試行錯誤した経験から、社会モデルに基づく環境調整のコツを、発達障害を手がかりとしたUDコンサルタントとして伝える活動を行っている。著書「そのママでいい」

    シンポジスト

    清水健太

    一般社団法人2025年日本国際博覧会大阪パビリオン 展示・建築グループ 展示制作課長代理

     

     

    2004年大阪府に入庁、2022年7月から一般社団法人大阪パビリオンに派遣され、「大阪ヘルスケアパビリオン」の展示制作と建築整備を担当。2025年4月の万博開幕に向けて、誰もが楽しめるパビリオンをめざし、展示・建築のユニバーサルデザインを進めています。

     

    シンポジスト

    三谷公夫

    阪急電鉄株式会社 都市交通事業本部 技術部 電気計画 課長

     

    1987年に阪急電鉄株式会社に入社。2015年から駅のバリアフリー化に従事し、現在はホームドア整備を含めて、誰もが安心・安全にご利用いただける駅を目指して整備を推進。入社以来培った、鉄道施設の計画立案・建設ノウハウに加え、私生活での実父介護で実感した障害者目線の感覚を活かした創意工夫に取り組む。

    シンポジスト

    田中眞二

    積水ハウス株式会社 R&D本部 総合住宅研究所 エグゼクティブ・スペシャリスト

     

    1988年に積水ハウスに入社。住宅内で事故の多い階段や浴室などをより安全なものにするための研究開発に従事し、以来、部材開発、実験検証、社内基準策定などを通して

    「住宅のユニバーサルデザイン」を推進しています。現在は、より広い視点から、人の健康に

    対して住宅が貢献できることについて幅広く取り組んでいます。

     

     

    コーディネーター

    早瀬 昇

    社会福祉法人大阪ボランティア協会理事長

     

    大学で電子工学を専攻するも、交通遺児問題、地下鉄バリアフリー化問題などに

    かかわる市民活動に次々参加。卒業後、フランス、ベルギーの知的障害者グループホームで研修。

    1978年、社会福祉法人大阪ボランティア協会に就職。91年〜2010年まで事務局長。07年に

    常務理事就任後、19年6月から理事長。他に、障害者週間協賛行事 大阪実行委員会 委員長。

     

  • 参加希望の方は下記のフォームから申し込みください。

     

    下記のフォームに氏名、連絡先、参加人数を記入いただき送信するをクリックしてください。

    ※会場の都合上、定員に達し次第、受付を終了する場合があります。あらかじめご了承ください

    ※下記のメッセージに希望される参加方法を明記して送信ください 

    ①リアル参加(先着60名) ②オンライン参加(先着100名)

    ※オンライン参加の場合はミーティングID、パスワードなどをお知らせします

    ※シンポジウムに参加いただいた方は、当日の空中庭園展望台入場料が無料となります

     

     

  •  

    障害者の社会参加を支援する企業展示会

     

    12/3(土)〜12/11(日)

    9:30~22:30(最終入場22:00)

     

    会場 

    梅田スカイビル 

    タワーイースト3階&空中庭園39階

     

    障害者の自立支援に積極的に

    取り組む企業・団体の活動を紹介します。

     

    ■出展企業・団体 

    積水ハウス株式会社

    株式会社ダイキンサンライズ摂津

    Pleasure Support株式会社

    近畿労働金庫

    Daigasグループ”小さな灯”運動(大阪ガスネットワーク株式会社)

    住友生命保険相互会社

    株式会社ニッセイ・ニュークリエーション

    NPO法人さをりひろば

    特定非営利活動法人DeepPeople

    NPO法人トゥギャザー 

     

    ■主催

    障害者週間協賛行事 

    大阪実行委員会 

    障害者と企業をつなぐ展示会分科会

     

     

  • みんなでつくる共生社会パネル展

    2022年12月3日(土)~12月11日(日) 

    9:00~21:00

    会場 梅田スカイビル タワーウエスト1F

    大阪府下の小中学生による「障害者週間のポスター」ならびに「心の輪を広げる体験作文」の優秀作品を展示します

    ■主催/障害者週間協賛行事 大阪実行委員会

  •  

    ふれあいトゥギャザー

    ~障害者による手づくり作品展示・販売会~

    2021年12月7日(水)~12月11日(日) 

    11:00~19:00 (初日は17:00から)

    会場 梅田スカイビル タワーウエスト1階 ロビー

    全国の障害者福祉事業所の皆さんが作った雑貨や木のおもちゃ、お菓子、食品、クリスマスグッズなどを展示販売します。
    「おいしい! かわいい! ここにしかない!」商品が会場いっぱいに並びます。地元の大阪はもとより、
    東日本・九州・北海道の地震や、豪雨・台風等の被災地の商品も多数取りそろえ、復興を支援します。ぜひお立ち寄りください。

    ■主催/認定特定非営利活動法人トゥギャザー

  • さをりひろばのクリスマスマルシェ&ワークショップ

    2021年12/2(金)〜12/5(月)

    11:00〜17:00

    会場 梅田スカイビル タワーウエスト1階 ロビー

    主催:NPO法人さをりひろば

    ワークショップ&マルシェのお問い合わせ⬇︎

    ①Tel:080-4669-5532 ②Email:saoritoyosaki@gmail.com

    良いものありますさをり織りマルシェ

    世界に一つなさをり織り作品を中心に様々なグッズが勢ぞろい!

    さをり織りは好きに自由に自分を表現できる手織りです

    この場所でしか出会えないようなさをり織り作品を

    ぜひぜひ手にとってじっくりご覧くださいね。

    作って楽しいさをり織りワークショップ

    12月2日(金)〜12月5日(月)11:00〜17:00

    体験料500円(20分ほど)

    体験は空席あれば随時ご参加いただけます

    子どもから大人まで誰でも簡単に楽しめる手織りワークショップです。

    壁にかけるタペストリーにしたり、テーブルのマットにしたり、

    いろいろな用途で活用くださいね。

    クリスマスリースワークショップ

    体験料1000円(30分ほど)

    体験は空席あれば随時ご参加いただけます

     

    さをり織りの布を使ってほっこりと暖かい オリジナルなリース作りを楽しみましょう。

    会場インスタレーション

    豊崎つどいの広場ぐぅぐぅ&中津つどいの広場ぐぅぐぅ

     

    赤ちゃんが安心して「ぐぅぐぅ」眠れる。

    ママたちがお互いの子育てを認め合って「good good(グーグー!(^_^)b」。

    そんな「ホッ」とできる居場所です。(2018年より豊崎も加わりました。)

     

    子育ての先輩スタッフが常駐しており、気軽に相談できます。

    また、親子で楽しめるイベントも定期的に開催し、地域の子育て情報を提供します。

  • 会場案内図とお問い合わせ

    梅田スカイビル(大阪市北区大淀中1丁目1番88号)

    障害者週間行事に関するお問い合わせは下記のフォームからお願いします

  • リンク

    梅田スカイビル

    NPO法人さをりひろば